各種センサー製造などの多摩川精機(長野県飯田市)は、青森県八戸市にカーナビ向けジャイロセンサーなどを手掛ける新たな拠点を開設する。青森県では5番目の生産拠点で、半導体製造技術をベースとした小型、軽量、低価格を特徴としたジャイロの需要が高まる中、ジャイロ事業の生産能力を高める。
gyro mozule
多摩川精機は、八戸市北インター工業団地内の既存工場敷地3万4千平方㍍余と、工場建屋延べ1万5千平方㍍余を取得。クリーンルームも備え、子会社の多摩川モバイル電装(青森県三沢市)の従業員50人が生産を担う。現在ジャイロ製造などを手掛けている青森県内の拠点から一部事業を移管し、約2年かけて生産設備などを整え、操業を始める。操業開始時には新たに35人の新規雇用を予定する。

多摩川精機株式会社

本社所在地:長野県飯田市
事業内容:サーボコンポーネント(エンコーダ・レゾルバ・レートセンサ・ジャイロ・ACサーボモータ・DCサーボモータ・ステップモータ・トルクモータ・オルタネータ・LVDTなど)
モータドライバ・コントローラ・ロボット・慣性計測装置・自動制御機器・(バイオ)研究用試薬の製造販売および受託サービス。従業員数730名。

多摩川モバイル電装株式会社

本社所在地:青森県三沢市 
事業内容:自動車搭載制御用ヨーレートセンサ、リモートコントロール産業機械用センサ、運動検知用慣性センサ計測器、角度センサ用ガラスディスク 
該当工場の従業員数84名(平成29年度計画)