長野県專門の転職支援会社。長野県で転職を考えている方、長野へのUIターンを検討している方へ転職支援、求人情報提供を展開。長野で転職を成功へ。

転職支援・長野県転職・UIターンのQ&A

転職に関するご質問・ご相談にコンサルタントがお応えいたします。

長野県の年収は、都会に比べて 落ちるのでしょうか?
長野県内でもその地域地域により若干異なります。
長野県は優良企業が多々あり、年収が増えた人もかなりいます。したがって、 昔のように100万ダウンと必ずしも言えなくなってきました。
若い人ほど、その差が無くなってきているのも事実です。しかしお金は相対的な部分もあり、何が自分にとって大切なのか転職活動前に、しっかり決めておく必要もありますね。
また、元々長野県内で働いていた方は、ほとんどの方が年収は上がっています。転職をすることで年収が大幅に下がると確信できる方の場合は、転職をするかどうか再度考えていただいております。隣の芝は青く見えるものです。
転職の年齢は、35歳までが有利と聞きますが本当でしょうか?
たしかに、35歳位までといった言われ方をしています。これは、都市部と長野県でもあまり関係はないでしょう。
会社は5年後を考え採用をします。40歳になったとき、はたして今いる社員と管理職として、同等レベルになっているだろうか・・といった考え方があります。
しかし、キャリア(経験)によります。世に少ないキャリア・必要な経験者は、年齢にあまり関係ない事がよくあります。50歳以上で年収アップの転職をしている方々もいます。要は、回りの情勢に何時もアンテナを張って、キャリアアップしていると、年齢不問といった求人にマッチングします。
35歳までで転職が厳しいのは、「転職=キャリアチェンジ」のことを言います。22歳から14年間営業をしてきた方が、36歳で過去のキャリア・スキルを活かすことのできない、別の職を身につけるというのはとても厳しいものになります。
スポーツに例えると、3歳から30歳まで水泳で稼いでいた人が、突然スキーに転身して稼ぐというようなものです。全然畑違いです。まだ、トライアスロン、水球などのほうがキャリアやスキルが活かせるはずです。

まったく違う職種ですから、新卒と同じもしくはそれ以下での待遇になる覚悟が必要です。

建築・土木は今どうでしょうか?
現在、忙しい業界です。震災の復興、東京オリンピック、リニアの着工などかなり人材不足が深刻化しています。
イーキュアへも多数の求人が寄せられており、転職や派遣から正社員への良い時期ではないでしょうか。
特に有資格の方は売り手市場が当分続くでしょう。これは長野県全域に及んでいます。
派遣は将来が不安です、派遣を長く続けるデメリットは何ですか?
派遣といった勤務形態は、景気に連動した雇用調整(リストラ)に旨く使われる事が多々あります。とくに2008年時の世界同時不況では派遣=超不安定というイメージが定着をしました。
確かに安定を目指すなら現在の日本の法律上は、正社員となるのが一番です、しかし難しい事もあります。
現在は、紹介予定派遣を利用して正社員になるケースが多くなっています。これは転職される方と、採用する側のどちらも望んだ場合に行われています。互いにリスクヘッジができるため、今以上に一般になってくるかもしれません。
正社員だから安心は出来ませんが、より難しい大きな仕事を成し遂げるには、やはりその会社のコアとなる、正社員を目指すべきではないでしょうか。
転職希望者の年齢は、どの辺が多いのでしょうか
リストラ等会社都合を除いた、一般的な転職希望者は、27歳前後、33-4歳前後にピークがあります。思いますに、27歳前後は、会社に慣れ自分をより高いステージで試したい・・・結婚を意識して・・といったところに理由がありそうです。また33-4歳は、お子さんが生まれ、家族を考えて、田舎で育てたい・・・35歳といった有利な転職時期の最期に近づいているので・・・といった事がありそうです。
年々、転職リミットの年齢が高まっていることは確かです。
長野で生活すると喘息が治るとは本当でしょうか?
科学的な事はよく分かりませんが、確かに転職理由にお子さんの喘息を治したい・・・といった方によく出会います。転職支援でも多数の方が、この理由でiターンをされています。皆さん、かなり治まってきている、再発していないといった事をよく聞きます。
また、喘息以外ではアトピーなどを考えて来られる方もおります。
実際にiターンした方とお話をしたい方は、転職支援依頼後に担当コンサルタントへご相談ください。本人と調整ができれば生のお話をお聞きすることができます。
転職先が決まった場合や、ご相談料はおいくらですか?
一切無料です。ご安心ください。当社のような厚生労働省許可紹介所について、法律改正により、かなり高給で採用された場合に限り、ご本人に請求できるようになっていますが、当社は全く考えておりません。安心してご相談ください。
転職支援開始から、支援中、入社後、その後も費用が発生することはありません。
相談と登録とはどう違うのですか?
まずは、ご相談いただき、よろしければ登録していただきます。一般的に履歴書・経歴書をお預かりして、その他希望条件等お伺いしてから登録となります。登録すれば、具体的に企業紹介&選択をしていただく次のステップが始まります。
必ず、会社を見つけて転職させてくれますか?
残念ながら答えはNOです。人によって、経験・能力・希望条件他様々です。うまくマッチしないケースもあります。したがって、転職の保証をするといった事ではありません。当社は出来るだけサポートしていますが、最後はご自身が決める事です。
登録の有効期限はどのくらいですか?
原則、無期限としておりますが、ご本人の申し出により、登録した後、中断・登録抹消等様々な手続きが出来ます。要は、ご本人しだいです。当社はエージェント(代理人)ですから、ご本人の考えに全て左右されます。しかし、当社から様々なご提案・サポートをさせていただきますので、聞く耳をお持ちいただければ幸いです。
個人情報については、どんな扱いをしていますか?
特に、履歴書・経歴書等文章に残るものは、慎重に扱っています。最初の転職相談から、最後の入社後のフォローまで、紹介責任者(法律で定める者)の一人に全て集中させ、管理しております。
一般社員・カウンセラーは氏名・住所等隠した、本人を特定できない情報で仕事をしています。本人の了解を得て、面接となった場合、初めて全ての書類が面接して頂く会社に渡りますが、会社の担当者も、慎重に扱う義務があります。職業安定法に基づく、個人情報は慎重に扱っています。
内定をもらっても断りたい場合は、 どうすれば良いのでしょう?
内定をもらって断るといった場合は、会社選択に誤りがあった可能性があります。
事前の企業研究を怠っていたかもしれません。また、ご家庭をお持ちの方々は、特に配偶者から了解をとっておく必要があります。
待遇面、転居を伴う場合は、お子さんの転校他いろいろ考えてから、行動をおこすべきでしょう。当社は、内定を取り消すといった本人・会社に悲劇が起こらないように、事前の調整(マッチング)に全力をあげて取り組んでおります。このマッチングには、すでに入社している人からの情報が、大変有効です。
どうしても断りたい場合は、全て当社にお任せください。本人がやり難い事は、全て第三者として、当社が調整しております。
紹介してくれる会社の待遇を、事前に知りたいのですが?
たとえば、何歳~何歳は何万~何万と情報が出ていますが、これはあくまでも目安です。当社はご経験内容・予想される仕事から、個人個人のおおよその待遇は、お知らせできます。
面接で待遇の話はどう聞くのですか?
面接の最初の質問で、『お給料は・・・』と聞く人がいますが、不採用の確立が高くなります。やはり仕事の内容を中心に質問すべきです。
また、給料は聞きにくかった、聞けなかった・・・という人が大勢いますが、普通です。お任せください。
希望を事前に聞いていますので、当社が後から調整出来ます。企業も採用したい人には、この提示額で満足してくれるか悩む事があります。その様な場合もお任せください。出来るだけの調整をしております。
(内定に影響が出ないような、微妙な”さじ加減”があります)
他の紹介会社や、職安情報から自分で動いてますが、サポートしてくれますか?
相談に応じています。ただし、どこに登録している・何処を受けている・何処は書類でダメだった・・・など、正直に就職活動の詳細を話してください。
でないと、ダメだった会社に知らずに紹介してしまい、ロスが出てしまいます。
仕事の内容を詳しく事前に知りたいのですが・・・・
ある程度のお話は出来ます。しかし大きな会社になればなるほど、何処に配属され、どんな仕事になるのか、面接するまで詳細は分からない事が多々あります。したがって、予想できることはできる限り話しますが、登録していただき、希望企業にご紹介して、面接してもらう事がまず最初の一歩です。面接では、見聞きして自分の感性を信じて、決断の方向性を検討してください。
書類選考の結果がなかなかきません、どのくらい待てばよいのでしょう?
企業によってかなり違っています。一概には言えませんが、通常1-2週間はかかります。人によっては半年以上・・といった方もおります。特に新卒者の採用で忙しい年の前半は、じっくり待つ姿勢も考えなければいけません。
内定をもらったら、どのくらいで入社するのが良いのでしょうか?
採用に時間がかかっていますので、どこの企業も内定を出すと一様に出来るだけ早く入社を望みます。
ただし、円満退社が条件になりますので、そこは交渉です。通常、就業規則では退職について、申し出から1ケ月後となっています。(労働基準法では14日) その辺は、引継ぎ等考えながら妥協点を見出しましょう。だたし、退職する会社に必要以上の忠義を尽くしても、評価はありません。そこは、ある程度ドライに考える必要もあるかと思います。
長野県は、都会の転職と異なり部分があります、とても世間が狭いため堅実に経営している企業は荒っぽいことを避ける企業が多かと思います。企業側もドライな判断をしないので、相談することも重要です。これは地方部へ行くほど顕著です。
現在の会社を辞める日が決まってから、転職活動をしたほうが良いでしょうか?
次に行く会社の内定をもらってから、退職の意思を伝えましょう。
転職活動は離職中よりも、在籍中のほうが活動がしやすいのです。
採用する企業側も離職中の場合は、慎重になる傾向になります。
  転職支援を依頼  
転職支援は無料です 転職支援、UIターン支援はすべて無料でご利用いただけます。毎日数多くの方からご依頼を頂いております。費用の面が心配になられる方は、こちらなぜ無料で支援が受けられるのかをご覧いただくとご安心いただけると思います。
転職支援依頼に条件はありません 転職支援・UIターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などをご自身で判断してしまい、良い求人があるが逃してしまうということもありますので、まずは転職コンサルタントとの活動がお勧めです。
今すぐ転職しない人も 近い将来に備えコンサルタントへあなたのご希望や現在のスキル、今後身につくスキルやキャリアを伝えておくことで、将来へのプラスに働きます。忙しい日々の中ですが1時間の面談で将来への備えを得ることができます。

長野県での転職・UIターンについてお気軽にご連絡ください。 TEL 0120-64-0234 平日9時〜18時

PAGETOP
©2004-2016 E-CURE All Rights Reserved.