長野県労働局が2011年7月29日に発表した、平成23年6月分の雇用情勢では0.71ポイントとなり、前月を0.03 ポイント上回った。有効求人数(季節調整値)は32,172 人で前月に比べ5.9%増加し、有効求職者数(同)は45,416 人で前月に比べ1.7%増加した。雇用情勢は、依然として厳しい状況にあるものの、一部に持ち直しの動きがみられる。

    北信:0.70 前回>北信:0.64
    東信:0.71 前回>東信:0.65
    中信:0.56 前回>中信:0.50
    南信:0.59 前回>南信:0.55

県内4ブロックで前年同月を上回った。
県内12安定所のうち木曽福島所を除く11安定所で前年同月を上回った。

    長野:0.76 前回>長野:0.70
    篠井:0.61 前回>篠井:0.59
    飯山:0.55 前回>飯山:0.48
    須坂:0.78 前回>須坂:0.71
    上田:0.62 前回>上田:0.58
    佐久:0.79 前回>佐久:0.72
    松本:0.57 前回>松本:0.51
    木曽:0.60 前回>木曽:0.56
    大町:0.48 前回>大町:0.44
    飯田:0.56 前回>飯田:0.54
    伊那:0.56 前回>伊那:0.50
    諏訪:0.64 前回>諏訪:0.60

    ※篠井→篠ノ井(表を読みやすくするため、ノを表記しておりません)

求人倍率の上昇とともに、多くの企業から求人が増え始めている。中途採用の求人は、東名阪ではリーマンショック以前の水準に戻りつつある。

東日本大震災・福島原発・ギリシャ、アメリカのリブソンリスク・主要通貨に対する円高による悪影響など多くのメディアで暗い話が多い状態。しかし、新興国は着実にGDPを押し上げており、モノとサービスの需要は今後も伸びて行くことが約束されている。

長野県内への波及は、若干のタイムラグがあると言われているが、すでに、休止されていた中途採用が復活するなど、これまで現在の職場で我慢をしてきた人にとって、有利な転職状態が産まれている。

  【 転職支援を依頼 】  
転職支援は無料です 転職支援、UIターン支援はすべて無料でご利用いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
転職支援依頼に条件はありません 転職支援・UIターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などを問うことはありません。
今すぐ転職しない人も 転職コンサルタントへ希望を伝えておくことで、ご希望の案件が出てきましたらご連絡します。1時間ほどの面談で将来への安心を得ることができます。