転職・面接ノウハウ

面接官への質問KNOW-HOW

面接官に好印象な質問の仕方

どこの会社の面接でも必ずといっていいほど、面接終了間際に「何か質問は?」と尋ねられます。これは、面接の終了を知らせる合図でもありますが、どんな質問をしてくるかで、その応募者の人柄や意気込みなどが見えるのではという意図も含まれています。

このみなさんからへ面接官へ向けた質問タイムは、聞き漏らしたことを確認するチャンスでもあり、自分を売り込むチャンスです。「全くありません」ではもったいないっ!!

かといって、無理に不要な質問をしたり、待遇の話を露骨に質問したりすると自滅することもあるので質問の内容は選んでおくことで皆さんにとって有利に働きます。面接官への質問事項は、質問の仕方も含め、事前に準備しておきましょう。

面接官が答えやすい問い方

自分も面接で思わぬ質問をされたら戸惑うように、逆質問でも、答えづらい質問を投げかけ、面接官を困らせては良い評価を得られるはずもありません。

「仕事は厳しいですか」「社風はどんなですか」など漠然とした質問は質問の背景が読めず、答える方も正直何をこたえてあげたらよいかがわかりません。結果あなたが欲しい答えが返ってきません。
なにより、直球で質問をされると誰でもびっくりします、質問を受けた側もなぜこの質問を?と不要な勘繰りが入ってしまいます。質問の意図を明確にしたうえで質問をすることで「論理的な考えて質問ができる方」、「コミュニケーションがとりやすい方」と評価してもらえることもあるでしょう。

例:「即戦力として少しでも早く立ち上がりたいと思っています。私と同じように中途で入社し、その後活躍している人で事例の中での好事例はございますか?」
例:「貴社の成果型の人事制度は現在の組織の活力にもつながっていると思います。そういった中で営業の方々は、目標達成のためにどんな努力や仕事への取り組み方をしているのでしょうか?」

企業研究をしたうえで、疑問に思ったことを質問

企業研究で下調べをしたうえでの質問であれば、的外れな質問になったり、漠然とした質問になったりすることは防げます。また、企業研究ができていることを証明でき、入社意欲の高さをアピールできます。

例:「御社の○○という商品に魅力を感じているのですが、その商品に携わる仕事に就くために重要視している経験やスキルはありますでしょうか?」
例:「事前にHPを見て、中期計画では〇〇の部分に力を入れていることがわかってきました。〇〇の仕事について、詳しく教えてください。」

入社意欲を再度アピール

面接中の質疑応答でひととおり疑問点が解消され、最後に聞きたいことが特にない時は、「特に質問はありません」ではなく、もう一度入社意欲をアピールしたり、選考結果の連絡方法や、選考手順について確認するようにしましょう。

例:「丁寧にご説明いただいたおかげで、大切なことはひととおり理解することができました。直接お話をうかがい、改めて、御社で頑張りたいと思いました。」
例:「ご選考の結果ご次第とは思いますが、この後も2次面接などの予定を教えていただけますでしょうか?」

名誉挽回の裏技!

また、これは裏技ですが、面接中にうまく答えられなかったことなどをここで挽回することもできます。その場合は必ず最初に質問ではないのですがと断りを入れましょう。
例:「質問ではないのですが、先ほど質問していただいた〇〇〇〇の件ですが、先ほどうまく伝えられなかったと思うので、もう一度解凍させてください。・・・。」
功を奏するかどうかは面接官次第ですが、誤解されたまま進めるよりは自分自身の納得感も違うと思います。

転職コンサルタントから

逆面接という言葉をご存知でしょうか。応募者から企業側が面接を受けるという面接手法です。レベルの高い応募者の場合は、それなり業界トレンドや経営思考、事業計画など視野が広く、未来・今後、自分の活躍できるフィールドが存在するか、同じ目線で会社の中で働いていけるかといった角度からの質問が多くなります。
逆を言えば、考えれば見えてくるような仕事内容に関する質問やあきらかに事前の下調べ不足とわかってしまう質問に、時間を使うのは本当にもったいないと思います。また、不安からかどうしても条件面の質問をしたくなる気持ちはよくわかりますが、条件は面接の合否が出て初めて確定するもの。面接の時点で聞いても求人票以上のことは決まっていないというのが実際のところです。面接の時間は仕事の内容に関しての質問する。これにつきます。これから働く会社の仕事内容に興味を持ってもらって嫌な人はいません。ぜひ仕事について、一歩深いところまで理解できるよう面接の逆質問を大切にしてみてください。

面接でよく聞かれる質問トップに戻る

転職支援サービスの特徴

転職支援サービスに申し込む
  • 転職支援は無料です

    転職支援、U・Iターン支援はすべて無料でご利用いただけます。毎日数多くの方からご依頼を頂いております。費用の面が心配になられる方は、なぜ無料で支援が受けられるのかをご覧いただくとご安心いただけると思います。

  • 転職支援依頼に条件はありません

    転職支援、U・Iターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などをご自身で判断してしまい、良い求人があるが逃してしまうということもありますので、まずは転職コンサルタントとの活動がお勧めです。

  • 今すぐ転職しない人も

    近い将来に備えコンサルタントへあなたのご希望や現在のスキル、今後身につくスキルやキャリアを伝えておくことで、将来へのプラスに働きます。忙しい日々の中ですが1時間の面談で将来への備えを得ることができます。

特集から探す

セイコーエプソン
中途採用

長野県でエンジニア

     

エンジニア向け
平日移住転職プレ相談

女性が活躍できる職場

年収600万円以上

           

松本市UIターン転職支援

ご希望の求人情報が
見つからなかった方へ

希望に合う求人が見当たらない、転職したいが確信が得られない、等、困り事を一度ご相談ください。企業情報の提供、内定、年収などの条件交渉まで、地域企業と長年の関係を築いている長野県専門エージェントのノウハウや関係を活かした転職支援をご提供いたします。

転職支援サービスに申し込む