長野県專門の転職支援会社。長野県で転職を考えている方、長野へのUIターンを検討している方へ転職支援、求人情報提供を展開。長野で転職を成功へ。

禁句

面接で緊張するあまり、「あっ…やってしまった」ということはありませんか?
今回は、面接で言ってはいけない代表的なNGワードをご紹介します。これらのことは、うっかり口が滑ってポロっと出ないように肝に銘じておきましょう。

前(今)の会社の悪口

「前の会社はとんでもない会社でした」
「社長がものすごく勝手な人でした」

転職するということは少なからず、不満があったこととは思います。退職理由を聞かれた際に、うっかり前の会社の悪口を言ってしまわないよう気をつけましょう。今さら不平不満を言っても、どうにもなりませんし、面接官に悪い印象を植え付けるだけです。特に人間関係の不満は言ってはいけません。本人にも問題があるようにとられますし、うちの会社の人間関係まで崩すのではと懸念されます。

待遇に関する不満

「前の仕事は休みがなくてキツかった」
「仕事がハードすぎて…」
「残業がちっともつかなかった」

これも前の会社に対する不満ですが、待遇に関して不満を言うと、忍耐力がないとか、ラクしたいだけでうちの会社に応募してきたのかと思われて、おしまいです。
特に時間外労働や残業手当についての不満は、避けてください。仕事が多いのが原因ではなく、ただ本人の仕事の効率が悪いのだと評価されます。

あいまい

「どっちでもいい」
「ここなら何とか雇ってもらえる」

何に関してもそうですが、「なんでもいい」というようなあいまいな答えは、仕事への意欲を感じさせません。謙虚な姿勢を意識するあまり、「営業と事務どちらの職種がいい?」というときに「雇ってもらえるなら、どちらでもかまいません」ではヤル気を疑われます。

弱みをみせる

「私にそんなことできるでしょうか」
「短所は○○なところです」

謙虚さを示すためなのか、単にその仕事に対して不安を抱いているのか「できるかな?」なんて態度は、ヤル気が伝わるはずありません。
中途採用は即戦力が命。こんな自信のない人材を雇おうとは思えません。
また、短所を質問されて「自分の短所はこうです。」と言ったまま胸を張っているのは考え物です。こういう場合は、短所でもあり、長所でもあるというような言い方をするべきです。

自主性がない

「有名な会社なので応募しました」
「御社は父親の取引先でお世話になったので」

志望動機に自主性がない場合、本音がでポロリと出てしまい易いものです。仕事は自分主体で選びましょう。

応募先の製品と競合他社製品を間違える

「御社が発売した○○(実は競合他社製品)はすばらしいですね」
うっかり競合他社製品を応募先の製品と勘違いして褒めちぎってしまう・・・。これは地雷を踏んだようなものです。特にその競合他社製品によって、応募先が打撃を受けているようなら最悪です。
こうならないように、事前に企業研究をしっかりしておきましょう。

転職コンサルタントから

何が禁句になるのか分かるようで、分らないのが面接での禁句です。上記の禁句以外にも、どちらか分らないものが沢山思いつくのではないでしょうか。転職支援ではあなたの思いつく質問を話さないほうが良いかどうか。どうしても聞きたい場合はどうするかお答えいたします。
また転職エージェントが代行してそれとなく質問するなど行っております。

  転職支援を依頼  
転職支援は無料です 転職支援、UIターン支援はすべて無料でご利用いただけます。毎日数多くの方からご依頼を頂いております。費用の面が心配になられる方は、こちらなぜ無料で支援が受けられるのかをご覧いただくとご安心いただけると思います。
転職支援依頼に条件はありません 転職支援・UIターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などをご自身で判断してしまい、良い求人があるが逃してしまうということもありますので、まずは転職コンサルタントとの活動がお勧めです。
今すぐ転職しない人も 近い将来に備えコンサルタントへあなたのご希望や現在のスキル、今後身につくスキルやキャリアを伝えておくことで、将来へのプラスに働きます。忙しい日々の中ですが1時間の面談で将来への備えを得ることができます。

長野県での転職・UIターンについてお気軽にご連絡ください。 TEL 0120-64-0234 平日9時〜18時

PAGETOP
©2004-2017 E-CURE All Rights Reserved.