転職・面接ノウハウ

禁句(気をつけよう)KNOW-HOW

面接で緊張するあまり、「あっ…やってしまった」ということはありませんか?今回は、面接で言ってはいけない代表的なNGワードをご紹介します。これらのことは、うっかり口が滑ってポロっと出てしまいがちです。どうしてダメかがわかっているだけでブレーキがかかりやすくなります。目を通してみてください。

現職(前職)の悪口・批判
「前の会社はとんでもない会社でした」
「社長がものすごく勝手な人でした」

転職するということは少なからず、不満があったこととは思います。退職理由を聞かれた際に、うっかり前の会社の悪口を言ってしまわないよう気をつけましょう。今さら不平不満を言っても、どうにもなりませんし、面接官に悪い印象を植え付けるだけです。特に人間関係の不満は気を付けましょう。人間関係はあなたも含めてそこにいるみんなで作るもの。ご自身にも問題があったり他責思考のあるかたと追われたり、ひいてはうちの会社の人間関係まで崩すのではと懸念されかねません。
また、「経営方針に納得ができなくて」といった理由も、気を付けて発言しましょう。これが必ずしも悪いわけではなく、特に若手層には経営者が一人一人にメッセージをお伝えするといことは少ないと思います。その中で方針が納得できなくてとなると、「では、あなたはどこまで理解していたのか、理解しようとしたのか」といったところがブーメランのように返ってきます。こちらにも納得感のある答えを擁しておきましょう。現場とマネジメントでは志す者は同じでもアプローチが異なることはよくあることです。言い換えればそのあたりを踏まえてお伝えできるのであれば、きちんと考えて行動できる人と印象付けることもできます。

待遇に関する不満
「前の仕事は休みがなくてキツかった」
「仕事がハードすぎて…」

これも前の会社に対する不満ですが、待遇に関してのみの不満を言うと、忍耐力がないとか、勤労意欲そのものが疑われてもったいない結果になってしまいがちです。待遇に関する不満は多かれ少なかれあるかもしれませんが、その場合はぜひ客観的に見てみましょう。地域相場的に見れば、業界的に見ればと考えた時に妥当であれば自分で自分を落としてしまうことになります。とはいえ、待遇が法的にNGであったのであれば話は別です。丁寧に伝え、非が相手にあることという以上に、こちらには非がないことを具体的に伝えられるようにしておきましょう。それでも、不満よりは次のステップに向けた会話が良いですけどね。

あいまい
「どっちでもいい」
「ここなら何とか雇ってもらえる」

何に関してもそうですが、「なんでもいい」というようなあいまいな答えは、仕事やその会社いぇの入社の意欲を感じさせません。謙虚な姿勢を意識するあまり、「営業と事務どちらの職種がいい?」というときに「雇ってもらえるなら、どちらでもかまいません」では自分自身のキャリアを大切にしていない人材だと思われてしまいます。「~だからこちらの方が良い」や仮にどちらでもというのであれば、「~ならばらxxxが手に入り(得られ・経験ができ)、~ならば△△△が手に入るためいずれでも大丈夫です。」と伝えられるようにしておきましょう

弱みをみせる
「私にそんなことできるでしょうか」
「短所は○○なところです」

謙虚さを示すためなのか、単にその仕事に対して不安を抱いているのか「できるかな?」なんて態度は、ヤル気が伝わるはずありません。中途採用は即戦力が命。こんな自信のない人材を雇おうとは思えません。また、短所を質問されて「自分の短所はこうです。」と言ったまま胸を張っているのは考え物です。こういう場合は、短所でもあり、長所でもあるというような言い方をしたり、短所により失敗してしまう傾向を自ら知っておりどのように備えているかまで伝えられると自分のことをきちんとわかっているという印象につながります。

自主性がない
「有名な会社なので応募しました」
「御社は父親の取引先でお世話になったので」
「転職エージェントから紹介を受けたので」

志望動機に自主性がない場合、本音がでポロリと出てしまいやすいものです。どなたからの紹介やきっかけはどうであれ、自分がその会社を受けるために考えたこと、調べたことが必ずあるはずです、仕事は自分主体で選びましょう。

応募先の製品と競合他社製品を間違える
「御社が発売した○○(実は競合他社製品)はすばらしいですね」

うっかり競合他社製品を応募先の製品と勘違いして褒めちぎってしまう・・・。これは地雷を踏んだようなものです。特にその競合他社製品によって、応募先が打撃を受けているようであれば良い気持ちにはなりません。そのほかにも会社が独自で取り組んでいるよう名従業員に向けてのワークライフバランスに関連するような取り組みも同様です。勘違い、うっかりミスの域を超えています。事前に企業研究をしっかりしておけば絶対におこりませんので備えておきましょう。

転職コンサルタントから

何が禁句になるのか分かるようで、分らないのが面接での禁句です。上記の禁句以外にも、どちらか分らないものが沢山思いつくのではないでしょうか。転職支援ではあなたの思いつく質問を話さないほうが良いかどうか。どうしても聞きたい場合はどうするかお答えいたします。
また転職エージェントが代行してそれとなく質問するなど行っております。

面接の裏ワザトップに戻る

転職支援サービスの特徴

転職支援サービスに申し込む
  • 転職支援は無料です

    転職支援、U・Iターン支援はすべて無料でご利用いただけます。毎日数多くの方からご依頼を頂いております。費用の面が心配になられる方は、なぜ無料で支援が受けられるのかをご覧いただくとご安心いただけると思います。

  • 転職支援依頼に条件はありません

    転職支援、U・Iターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などをご自身で判断してしまい、良い求人があるが逃してしまうということもありますので、まずは転職コンサルタントとの活動がお勧めです。

  • 今すぐ転職しない人も

    近い将来に備えコンサルタントへあなたのご希望や現在のスキル、今後身につくスキルやキャリアを伝えておくことで、将来へのプラスに働きます。忙しい日々の中ですが1時間の面談で将来への備えを得ることができます。

特集から探す

セイコーエプソン
中途採用

長野県でエンジニア

     

エンジニア向け
平日移住転職プレ相談

女性が活躍できる職場

年収600万円以上

           

松本市UIターン転職支援

ご希望の求人情報が
見つからなかった方へ

希望に合う求人が見当たらない、転職したいが確信が得られない、等、困り事を一度ご相談ください。企業情報の提供、内定、年収などの条件交渉まで、地域企業と長年の関係を築いている長野県専門エージェントのノウハウや関係を活かした転職支援をご提供いたします。

転職支援サービスに申し込む