転職・面接ノウハウ

面接官の立場・役割KNOW-HOW

面接官の立場を考えて、話す内容を工夫する

試験を受ける時に、面接官の肩書きについての説明が必ずしもあるわけではありませんが、やり取りしていくうちに何となくわかってくる場合もあります。それぞれの面接官の立場によって、関心領域が異ります。答えるときの表現もそれぞれアレンジしましょう。ポイントは、時間軸と具体抽象度です。

採用担当者(人事)が面接官のケース
中小企業の場合は、1次面接から経営者が面接官になることもありますが、たいていは、採用担当者(人事)が面接官になります。採用担当者だけが面接する場合は、そのあとに2次面接があるのが普通です。1次面接で、採用担当者が見ることは、2次面接に進める条件を満たしているかどうかという点です。採用担当者は応募者の専門分野の知識やスキル、職場になじめそうな人柄か、意欲があるかということに重点をおいて面接する傾向があります。

時間軸でいうと、比較的近い未来の話、具体抽象度でいうと具体的なことが好まれます。ただし、専門用語は控えめ、または説明を添えて。

事業責任者(事業部長など)が面接官のケース
2次面接になると、事業責任者が面接官になることが多いです。中小企業であれば、経営者も一緒になることもあります。事業責任者は、事業の安定性を保ちながら、事業を拡大していくことが使命です。したがって、製品開発、顧客サービスの拡大、マーケットの拡大などに応募者がどれくらい意欲があるのかどうかという点に関心をもっています。またそれを実現できるだけの知識経験ががあるかという具体的な専門性も評価のポイントです。

時間軸で言うと、比較的近い未来の話、具体抽象度でいうと具体的・専門的なことが好まれます。ただし、専門用語や技術知識の話を多く用意し、話が通じる人、やってくれそうな人という印象が大切です。

経営者が同席しているケース
経営者は会社全体の継続、発展、社会的責任に目を向ける傾向があります。このため、収益構造の安定化、組織の活性化、会社の将来像、会社の知名度の向上に関心をもっています。経営者は、意思決定者なので採用を即決できる権力をもっています。経営者が同席していたら、チャンスと思ってこれまで準備した成果を惜しみなく出してのアピールやそれがその会社の未来とどうつながると思っているのかを丁寧に伝えましょう。

時間軸で言うと、少し先の未来の話、具体抽象度でいうと抽象度の高いことなことが好まれます。ただし、あまりに漠然として言い方は相手に響きません。あくまで相手側のビジネス・業界等の土俵に踏み込みつつ細かなことというよりは、全体像をつかんだ伝え方が好まれます。中長期計画や経営理念などこの辺りも見返しておくことで役立ちます。

転職コンサルタントから

誰が面接官になるかで、話す内容・伝え方が変わると考えてよいでしょう。担当者なら現場の話、部長なら業界、社長なら他業界までを含めた会話を成立させる必要があります。時間軸と具体抽象度の切り替えが必要です。

転職支援では面接官を事前に把握するため、あなたの想いと経験を正確に伝えられる計画を立てて行きます。同席が許される企業では同席をさせてもらい最後まであなたのサポートをしていきます。

面接の裏ワザトップに戻る

転職支援サービスの特徴

転職支援サービスに申し込む
  • 転職支援は無料です

    転職支援、U・Iターン支援はすべて無料でご利用いただけます。毎日数多くの方からご依頼を頂いております。費用の面が心配になられる方は、なぜ無料で支援が受けられるのかをご覧いただくとご安心いただけると思います。

  • 転職支援依頼に条件はありません

    転職支援、U・Iターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などをご自身で判断してしまい、良い求人があるが逃してしまうということもありますので、まずは転職コンサルタントとの活動がお勧めです。

  • 今すぐ転職しない人も

    近い将来に備えコンサルタントへあなたのご希望や現在のスキル、今後身につくスキルやキャリアを伝えておくことで、将来へのプラスに働きます。忙しい日々の中ですが1時間の面談で将来への備えを得ることができます。

特集から探す

セイコーエプソン
中途採用

長野県でエンジニア

     

エンジニア向け
平日移住転職プレ相談

女性が活躍できる職場

年収600万円以上

           

松本市UIターン転職支援

ご希望の求人情報が
見つからなかった方へ

希望に合う求人が見当たらない、転職したいが確信が得られない、等、困り事を一度ご相談ください。企業情報の提供、内定、年収などの条件交渉まで、地域企業と長年の関係を築いている長野県専門エージェントのノウハウや関係を活かした転職支援をご提供いたします。

転職支援サービスに申し込む