長野県は国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」に即した取り組みを進める企業を認定する制度の第1弾の登録企業80社を公表した。上場企業ではキッセイ薬品工業やエムケー精工、マルイチ産商などが認定されたほか、金融機関では長野銀行や長野県信用組合などが登録された。このほか、ミールケアやサンクゼール、フレックスジャパンなどが認定された。

認定企業は長野県のホームページなどで紹介する。

認定企業一覧(業種区分別)

参考:日本経済新聞2019.07.26

SDGsの世界的な動きの中で、地域の企業が何に取り組んでいくのかを掲げていくこと、そして実践していくことは経営戦略上もとても意味のあることです。新しい動きの中で、新しい価値観を身に着けてきた人材は必ず必要とされます。今回の登録企業の中にも当社とお取引のある企業さんが多くいらっしゃいます。転職をご検討されている方で各社の目標・取り組みを追いかけつつ、ご自身のキャリアを重ね共に躍進をしていきたいと考えている方は、一度当社の転職支援サービスまでお問い合わせいただければ幸いです。