長野県諏訪市で10月に開催される「諏訪圏工業メッセ2019」の実行委員会は20日、出展企業数(学校など含む)が425社・団体となると発表した。過去最高だった18年を6社上回る。県外企業の出展申し込みが増えているのが特徴で、ものづくり企業が製品や技術力をPRする機会として、同メッセへの評価が高まっている。

19年は17~19日に開催される。諏訪地域からは217社が出展する。全体の過半数を占めるが、18年と比べると減少した。地域外は170社で、約20社増えた。特に県外からの出展が大幅に増えている。

02年に始まった同メッセは地方都市で最大級の工業展示会に成長した。来場者数も18年に約2万9千人に増える一方、最近は会場の都合で出展を断る事例も目立っている。規模拡大が限界に近づいており、会場のあり方が課題になっている。
<<日本経済新聞20190920>>

諏訪地域をはじめとした多くの企業が毎年出展される諏訪圏工業メッセ。新製品や新サービス、各企業の持っている技術や知見などから企業間のシナジーが生まれているイベントです。この地域へ移住・転職を考えていて製造業へご興味のある方は足を運んでみていただくたけでも見ごたえがあるかと思います。地域の企業がわからないという方は諏訪圏工業メッセの企業一覧からおいかけて各企業のホームページをみていただくだけでも企業研究につながります。