長野県は6月19日、5月31日時点の春季賃上げ要求・妥結状況調査結果を発表した。平均妥結額は定期昇給とベースアップ(ベア)の合計で3900円と前年同期比60円増えた。
増加は2年ぶりで、4月23日時点の296円減から増加に転じた。大企業を中心に賃上げに動く企業がある一方、中小企業では賃金上昇の鈍化も目立つ。 (参考:2017.6.20付 日本経済新聞朝刊)

長野県内の労働環境は賃金も含め、改善・改革の方向に動いている企業もあります。もちろんすべての企業がそういった取り組みが成されている状況ではありません。企業選びの際は、その企業の状況がどうなのか?転職のエージェントを介して確認してみるというのも一つの方法です。ぜひおきがるにお問合せ・ご活用下さい。