長野県專門の転職支援会社。長野県で転職を考えている方、長野へのUIターンを検討している方へ転職支援、求人情報提供を展開。長野で転職を成功へ。

不利な質問

「ブランクがありますね」「職場を転々としてきたのはなぜ?」など不利な要素を持った転職者にとって、痛い質問をされることがあります。
面接官はわざと応募者に意地悪しているのではありません。答えづらい質問をすることによって、そのハンディに対する懸念を取り除くとともに、人間性や困難な立場に立たされた時の対処法などを、チェックしているのです。

成功のポイント

マイナスをプラスに変える対応策を前もって練る

採用する見込みがなければ、わざわざ意地悪な質問をするわけがありません。あなたに興味があるから、不利なことにも突っ込みを入れてくるわけです。

自分に不利な要素があると思っているのであれば、それを突っ込まれた時のために事前に対応策を考えておくことです。面接官が抱いている不安や懸念を吹き飛ばすような、カバートークを予め用意しておきましょう。

言い訳はNG

不利な質問をされると、ついつい前の職場の悪口を言ったり、言い訳がましくなりやすいものです。「自分は悪くなく、周りの環境が悪かった」という態度は、良い印象にはなりません。

不利な質問をされたら、落ち着いて、言い訳に取られないような回答の仕方をしましょう。

「YES」&「BUT」

一度「YES」と認めてから、「BUT」で自分の主張をするという方法です。

質問されて即座に「NO」と自分の主張を展開するのではなく、いったん認めてからその後に、自分の意見を主張するとスムーズに話が進みます。

転職コンサルタントから

不利なことを逆手に取れば、PRにつながります。実際に転職支援を行っている中でも、長期ブランクの方や、疑問を感じるキャリアチェンジをしている人も、なぜブランクが空いたのか整理してゆくことでPRできるものが見えてくるケースもあります。
これを言っていいのか、悪いのかの判断は難しいと思います。不安がありましたらご相談ください。

  転職支援を依頼  
転職支援は無料です 転職支援、UIターン支援はすべて無料でご利用いただけます。毎日数多くの方からご依頼を頂いております。費用の面が心配になられる方は、こちらなぜ無料で支援が受けられるのかをご覧いただくとご安心いただけると思います。
転職支援依頼に条件はありません 転職支援・UIターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などをご自身で判断してしまい、良い求人があるが逃してしまうということもありますので、まずは転職コンサルタントとの活動がお勧めです。
今すぐ転職しない人も 近い将来に備えコンサルタントへあなたのご希望や現在のスキル、今後身につくスキルやキャリアを伝えておくことで、将来へのプラスに働きます。忙しい日々の中ですが1時間の面談で将来への備えを得ることができます。

長野県での転職・UIターンについてお気軽にご連絡ください。 TEL 0120-64-0234 平日9時〜18時

PAGETOP
©2004-2016 E-CURE All Rights Reserved.