長野県專門の転職支援会社。長野県で転職を考えている方、長野へのUIターンを検討している方へ転職支援、求人情報提供を展開。長野で転職を成功へ。

嫌われる話グセ

こんな話グセは面接官に嫌われるます。誰にでも、癖というものはあるものです。しかし、面接のときは、面接の妨げになるような癖は直さないといけません。

話が脱線する

よくしゃべる人に時々ある癖です。理路整然と話し始めたのに、気がつくと話が別の方向に向かってしまうのです。本人は気づいていないことが多いので厄介な癖です。
このような癖があるかもしれないと思ったら、ともかく話を短く区切ることを意識しましょう。脱線するのは、何かを話さなければという思いが先立ち、よく考えもせずに話してしまうからです。短い話で終わりにして、言葉を飲み込んでしまうくらいの感覚がちょうど良いかもしれません。

いちいち前置きを言う

前置きの言葉とは、例えば、
「よくわかりませんが・・・」
「それほど経験は積んでおりませんが・・・」
「あまり自信はありませんが・・・」
「お役に立てるかどうかわかりませんが・・・」
・・・といった言葉。このように前置きの言葉をつけると自信のなさを感じさせてしまいます。前置きを省いて、ズバッと確信に触れるような話し方をしたほうがきびきびした感じを与えます。

「あの~」「まあ~」「え~」

「あの~」「まあ~」「え~」などの話を間延びさせる癖。せっかく良い答えをしていてもこれでは、緊張感が薄れてしまいます。
これらの口癖は、意識して使わないように気をつければすぐ直ります。

目をそらす

緊張しているせいもあってか、面接官の目を見ない人がいますが、あまりいい気持ちはしません。集中力がないと思われてしまうこともあります。
緊張のあまり、どうしても目を見られない場合には、面接官の鼻や額の辺りを見るようにすると、面接官からは目を見ているように映ります。
そのかわり、一箇所に視線を固定せずに、額から鼻、鼻から額へと自然に動かしたりしたほうが自然です。そのうちに緊張も解け、面接官の目を見られるようになってくるでしょう。

転職コンサルタントから

自分の話方の悪い癖は本人ではわかりません。かといって他人に聞いてもストレートに指摘してもらえる可能性は低いでしょう。
転職支援ではストレートに指摘させていただいております、すべてはあなたのやりたい事に結びつけるためだからです。
ダメなものはダメと指摘させてていただき面接向きに軌道修正を行ってゆきます。

  転職支援を依頼  
転職支援は無料です 転職支援、UIターン支援はすべて無料でご利用いただけます。毎日数多くの方からご依頼を頂いております。費用の面が心配になられる方は、こちらなぜ無料で支援が受けられるのかをご覧いただくとご安心いただけると思います。
転職支援依頼に条件はありません 転職支援・UIターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などをご自身で判断してしまい、良い求人があるが逃してしまうということもありますので、まずは転職コンサルタントとの活動がお勧めです。
今すぐ転職しない人も 近い将来に備えコンサルタントへあなたのご希望や現在のスキル、今後身につくスキルやキャリアを伝えておくことで、将来へのプラスに働きます。忙しい日々の中ですが1時間の面談で将来への備えを得ることができます。

長野県での転職・UIターンについてお気軽にご連絡ください。 TEL 0120-64-0234 平日9時〜18時

PAGETOP
©2004-2016 E-CURE All Rights Reserved.