長野県專門の転職支援会社。長野県で転職を考えている方、長野へのUIターンを検討している方へ転職支援、求人情報提供を展開。長野で転職を成功へ。

山場でインパクト

面接での会話は聞き取りやすく、理解しやすくする必要があります。普段とは違うしゃべり方になりやすいので、ある程度の練習をしておく必要があります。

話はくどすぎないように、簡潔にまとめる

「私は○○○分野で○○の経験をしました。次の職場では、良い上司に恵まれて○○の仕事をこなしました。以上のことから、このようにいえるかもしれません。つまり・・・」
しばしば、面接する側が我慢をして聞くような話し方をする人がいます。上の例のようでは、話がくどくどしていて、的を得ていません。良いセールスポイントを持っていたとしても、悪い印象だけが残ってしまいます。
ここで大切なことは、わかりやすく話すことです。面接技術といっても、それほど難しいことは覚えなくても良いのです。
話をくどくどさせない簡単な方法は、短く話すことです。一度にあれもこれも話そうとすると、相手も混乱してしまいます。聞かせたいと思う重要な部分(山場)を決めたら、それ以外のところは端折ってもOKです。話がくどいと感じている人は、一話にひとつのテーマというように短くまとめて話すことを心がけましょう。

接続詞や副詞を上手につかう

話のつじつまが合わなくなるのは、焦点が分散するのが原因です。そうならないようにするには、常に前後の文脈に関連性を持たせるようにすれば良いのです。

例:「私はこのように考えます。例えば・・・」
  「最近では、その種の問題が良く見られます。とりわけ・・・」
  「以前は、その考え方が支持されておりました。しかし・・・」
  「その件に関しては様々な見解があります。なかでも・・・」
  「情報は益々多くなっています。特に・・・」
  「つまり、○○が今後は事業の中核になると思います。」
  「というのは、○○は、かなりの変化が激しくなると思うからです。」

早口にならないよう一呼吸おく

早口で話す人は、聞く側が理解しているかどうかを考えずに話しているという印象を与えてしまいます。面接官によっては、自信がないと受け取られることもあります。
次の話題に移るときは一呼吸おくなど、「間」をおく癖をつけるようにしましょう。

転職コンサルタントから

会話にサビをつける。こうすることで会話の全体にまとまりが生まれます。転職支援は模擬面接やトークトレーニングでサビの位置や内容を定めてゆきます。
自分1人では大変な作業も協同して行うことで客観的な評価も行えより洗練された内容を話すことが可能になり、転職成功が近づきます。

  転職支援を依頼  
転職支援は無料です 転職支援、UIターン支援はすべて無料でご利用いただけます。毎日数多くの方からご依頼を頂いております。費用の面が心配になられる方は、こちらなぜ無料で支援が受けられるのかをご覧いただくとご安心いただけると思います。
転職支援依頼に条件はありません 転職支援・UIターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などをご自身で判断してしまい、良い求人があるが逃してしまうということもありますので、まずは転職コンサルタントとの活動がお勧めです。
今すぐ転職しない人も 近い将来に備えコンサルタントへあなたのご希望や現在のスキル、今後身につくスキルやキャリアを伝えておくことで、将来へのプラスに働きます。忙しい日々の中ですが1時間の面談で将来への備えを得ることができます。

長野県での転職・UIターンについてお気軽にご連絡ください。 TEL 0120-64-0234 平日9時〜18時

PAGETOP
©2004-2016 E-CURE All Rights Reserved.