SC-f9200セイコーエプソン(諏訪市)は5日、スポーツウェアなどポリエステル素材への印刷に使う業務用インクジェットプリンター3機種を19日に発売すると発表。高速、高精細のヘッドを2つ搭載し、印刷速度を高めた機種を投入。黒がより濃く出るインクを開発し、従来より画質を高めた「HQモード」を加えた。新型ヘッドを2つ並べた「SC-F9200」はヘッドが一つの従来機種と比べて印刷速度が約2倍、スポーツウェアやのぼり旗などをまとめて印刷するのに向く。価格は260万円。同時発売の「SC-F7200」、「SC-F6200」はそれぞれ価格198万円、84万8千円(ともに税別)で3機種で年間100台の販売を見込む。販売子会社のエプソン販売(東京)は「版を用いるアナログ印刷からの切り替え需要を狙っていく」としている。

セイコーエプソン株式会社

本社:諏訪市
事業内容:プリンター事業、プロフェッショナルプリンティング事業、ビジュアルプロダクツ事業、ウエアラブル機器事業、ロボティクスソリューションズ事業、マイクロデバイス事業など
従業員数連結69,878名