シャツ製造のフレックスジャパン(千曲市)はスマートフォンやデジカメで撮影した顧客の写真から自動で首回りやゆき丈を採寸し、シャツを注文できるサービスを開始。採寸の仕組みは信州大学繊維学部と共同開発した。
スマホで撮影するだけでパターンオーダーのシャツを購入できる手軽さが特徴だ。腹部に官製はがきを横に貼り、カメラから90センチ~1メートル離れて正面と真横を撮影する。官製はがきは大きさが決まっているため、その大きさを基準にし採寸できる。利用者は画像を同社にメールで送り、携帯電話やカメラの機種のほか、「タイトフィット」や「ルーズフィット」など3種類から希望するシャツの形も伝える。メールを送ってから採寸は3営業日以内に終わり、同社からメールで送られた管理番号をサイトで入力すると購入画面に移り、商品を注文できる。価格は1枚約6000~1万8000円(税込)。ネット販売では顧客が自身のサイズを測定する必要があったが、信大と約1年間研究し、スマホの写真だけでいかり肩や猫背など、体形を正確に測定できるようにした。

フレックスジャパン株式会社

本社所在地:長野県千曲市
事業内容:メンズドレスシャツ、レディスシャツ、シャツジャケット、ベスト等の企画、製造、販売
従業員数:447名