観光・余暇サービス業 全国動向

bb53beb8463fb5018a8fa4b3bc959e1d_m
公益財団法人の「レジャー白書2015」によると平成26年の余暇市場は72兆9,230億円(前年比0.6%)と微増となった。市場規模が突出して大きいパチンコ・パチスロを除くと、2.0%増(前年比2.1%増)となった。特に観光・行楽部門が2年連続して大きく伸び、多くの分野で回復傾向が見られた。年後半の消費増税の駆け込み需要も拡大要因となった。

観光・余暇サービス業 長野県内動向

長野県商工部がまとめた平成26年1月1日から12月31日までの県内の観光地の利用者数は延べ8,418万人(対前年比1.6%減)、観光消費額は2,974億円(同5.5%減)となった。推移を見ると平成3年をピークに長野冬季五輪が開かれた平成10年以降減少傾向が続いている。

自然豊かな環境や、関東や中京圏から近いという恵まれた立地により、長野の観光業は順調に発展を続け基幹産業となってきた。中でもスキーは観光資源の代表として、長野県経済に大きな影響を与えてきた。長野県観光部スキー・スケート場の利用統計調査結果によると、スキー場利用者数はピークとなる平成4年の2,119万人に対し、平成22年度には661万人と激減した。近年の状況は平成25年度は2月に記録的な大雪の影響で全スキー場で前年同月を下回り、苦戦を強いられたが、各スキー場のプロモーション活動、サービスやイベント等の実施により緩やかにスキー客の増加傾向が継続している。なお、近年は長野県内スキー場の運営は県外資本の企業が担うケースが増えている他、スキー場運営ノウハウを持つ企業が運営の受託を行うケースが増えているのも特徴の一つ。

長野県内の観光・余暇業売上ランキングによると、トップ10の内8社はパチンコ店を経営している企業で、この4社がパチンコ店とホテル、有料老人ホーム、ボウリング場、レストランを併営。パチンコ店経営以外でトップ10入りしたのはルートインジャパン(株)と(株)共和コーポレーション2社のみであった。
1位の三公商事(ときめきの街あさひグループ)は中信地区を除く東、北、南信及び関東で店舗展開しており、2位に大きな差をつけて業界1位の座をキープ。2位ルートジャパンは「ホテルルートイン」等を全国展開しており、M&Aや新規店舗展開で店舗数を伸ばしており、海外を含むグループ企業で展開するホテル数は258店舗を上回っている。10位ココネットは「パゴパゴ」の他、レストラン「コックボーイ」、炭火焼肉「牛角」を経営。11位の東洋観光事業はアルピコグループの1社で、ホテルブエナビスタ、ホテル翔峰等のホテル事業、ゴルフ場等の経営を行っており、グループ内ではアップルランド、アルピコ交通に次ぐ売上を誇る。

長野県観光・余暇サービス業 平成26年度売上高ランキング

表スクロール

順位 社名 所在地 平成26年度
売上高ランキング
対前年度比
伸長率
1 (株)三公商事 岡谷市 85,747 90.3%
2 ルートインジャパン(株) 上田市 72,096 108.7%
3 (株)アメニティーズ 東御市 34,863 99.2%
4 共和観光(株) 松本市 30,292 102.9%
5 (株)サンエイ 長野市 24,773 94.7%
6 (株)ジン・コーポレーション 松本市 19,101 87.2%
7 (株)サンティア 諏訪市 13,986 83.2%
8 (株)共和コーポレーション 長野市 13,268 167.3%
9 (株)アドバンス 須坂市 12,368 100.7%
10 (株)ココネット 東御市 10,251 97.0%
11 東洋観光事業(株) 茅野市 6,706 102.8%
12 (株)ギガ・ジャパン 松本市 6,000 90.9%
13 (有)メトロ商事 長野市 5,648 79.9%
14 (株)フォンス 軽井沢町 5,000 114.9%
15 (株)アークホテル 上田市 4,861 108.7%
16 (株)サーチ 伊那市 4,582 97.4%
17 富岡開発(株) 松本市 4,106 107.9%
18 (株)池の平ホテル&リゾーツ 立科町 3,904 107.8%
19 (株)新生 長野市 3,506 84.0%
20 (株)あっぷるアイビー 須坂市 3,041 94.6%

(単位 百万円)