転職・面接ノウハウ

声の使い方でレベルアップKNOW-HOW

声の大きさや話すスピード、間を使って、話す内容をより効果的に伝えることができます。転職活動だけではなく普段の仕事、プレゼンテーションでも使えるテクニックです。

話の山場は、少し声を大きくする
声の高さが、ずっと同じトーンだと盛り上がりに欠けるうえ、面接官をひきつけるような話の「山場」がわかりにくくなってしまいます。
単調さを防ぐには、声の出し方にメリハリをつけるのが一番。重要な部分で少し声を強く出し、それ以外の部分では声を弱くするという方法です。
最初はなかなかできなくても、普段からそうしゃべるように意識するようにすればだんだん慣れてくるはず。ぎこちなくても、思い切って声を強く出したり、弱く出したりしてみることがポイントです。
語尾をはっきり発音する
語尾が弱いと印象が薄く、自信なさげに聞こえてしまいます。話の最後を「です・ます」で終えるようにし、少し強めに言っているくらいに意識すると、メリハリがつくようになります。
声が通るように話す
声の大きい人が、小さい声で話すようになるには時間がかかり、意外と難しいものです。しかし、声の小さい人が、大きな声で話すのはそれより簡単です。いつもよりも、少し大きめの声で話す練習をすればすぐできるようになります。てれないで大きな声で話をすることが大切です。恥ずかしいより、伝わらないことのリスク回避を大切にしてみてください。ちなみに声を大きく出す方法として簡単な方法の一つは口を大きく開けること、自然と大きな声が出ます。早口の人にもおすすめです。
話すスピードを調整
普段のテンポでずっと話をしていたり、ちょっと話がノってきて早口になったりということがあると思います。そんなときはここぞという時に、話すスピードに急ブレーキ!ぐっと話をとめて、そこからまた話始めると、「大切なことかな?」と相手の注意を引き付けることができます。話に抑揚が生まれ、内容に加えて面白い話をしてくれたという印象を与えることができます。
間を大切に
話すことがたくさんあるとき、話を終えたら、ワンテンポ間を開けて話をしてみるなどしてみてください。「んっ」ぐらいの一呼吸で大丈夫。間があることで話にメリハリがつき、だらだら話している感じが減ります。またこの間のタイミングで面接官が入り込む余地を与えることができるため双方向性が生まれます。緊張するとどうしても言い切りたいとなり一方的に話をしてしまいがちですが、双方向性があるほうが面接は良い結果が生まれやすくなります。

転職コンサルタントから

話を聞きやすくすることで、相手に正確に情報が伝わると同時に「お話が上手」「きちんと伝えようとしてくれている」という良い印象を与えることができるようになります。日常の仕事などでも声の出し方、話の仕方の練習をしてみてると本番でも活用することできます。

面接の裏ワザトップに戻る

転職支援サービスの特徴

転職支援サービスに申し込む
  • 転職支援は無料です

    転職支援、U・Iターン支援はすべて無料でご利用いただけます。毎日数多くの方からご依頼を頂いております。費用の面が心配になられる方は、なぜ無料で支援が受けられるのかをご覧いただくとご安心いただけると思います。

  • 転職支援依頼に条件はありません

    転職支援、U・Iターン支援はどなたでもご利用いただくことができます。ご年齢やご経験などをご自身で判断してしまい、良い求人があるが逃してしまうということもありますので、まずは転職コンサルタントとの活動がお勧めです。

  • 今すぐ転職しない人も

    近い将来に備えコンサルタントへあなたのご希望や現在のスキル、今後身につくスキルやキャリアを伝えておくことで、将来へのプラスに働きます。忙しい日々の中ですが1時間の面談で将来への備えを得ることができます。

特集から探す

セイコーエプソン
中途採用

長野県でエンジニア

     

エンジニア向け
平日移住転職プレ相談

女性が活躍できる職場

年収600万円以上

           

松本市UIターン転職支援

ご希望の求人情報が
見つからなかった方へ

希望に合う求人が見当たらない、転職したいが確信が得られない、等、困り事を一度ご相談ください。企業情報の提供、内定、年収などの条件交渉まで、地域企業と長年の関係を築いている長野県専門エージェントのノウハウや関係を活かした転職支援をご提供いたします。

転職支援サービスに申し込む